FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

超特価 期間限定 「こんな時はこれを読め!」

期間限定 超特価
こんな時はこれを読め!

ここで言う「期間限定」=その時の心と体や周囲の状況
ここで言う「超特価」=値段の割には中身が濃い!

ホームページへ

文学の森を徘徊したいときはこれ!
おんなのことば
この詩集に収録されている茨木のり子さんの詩は、彼女の「詩」と対峙する時の精神のエッセンスというべきものばかりだ。

「茨木のり子」という詩人を知るための入門編としてはうってつけの詩集である。(しかも安価である!)

「自分の感受性くらい」は言うに及ばず、「女の子のマーチ」や「みずうみ」という詩を読むと、彼女の人間というどうしょうもないが、それでも許さざるを得ない宿命を、優しく、厳しく包み込んでいることが、彼女の言葉を通して伝わってくる。

そして「わたしが一番きれいだったとき」が秀逸である。
一人の人間は優しく包み込むことができる彼女で有っても、許すことができないことが世の中に有ることを、彼女ならではの言葉で表現している。

そんな「おんな」の「ことば」の集まりだ。
      
倚りかからず
人生に途方に暮れたら、開く詩集

インターネットがはびこる時代に有っても、そんなことお構いなしに山門の奥で、丁寧に詩を書く。
もちろん、丁寧に生きている。

屹然とした立ち姿を想像させる詩を書く。
茨木 のり子さんの詩は、どれを見ても「甘さ」は無い。が、「優しさ」は有る。

もう、何事にも「倚りかからず」なのだ。
そんな当たり前のことを忘れている私たちに、警鐘を鳴らすのが詩人なのかもしれない。
それも、静かにね。

誰を信じて、何を信じて生きていけばいいのか、迷った時に、この詩集を開くといい。

道は、そこに有るかもしれない。
ポケット詩集

ポケット詩集〈2〉

ポケット詩集〈3〉





全国



心が疲れているときには、これを読め! 大きく羽ばたきたくなったら、これだ!
脳をリフレッシュしたい、煮詰まっているときなら、これ! とにかく楽しみたいならこれだぞ!
科学冒険者に成りたくなたときは、これ! 文学の森を徘徊したいときはこれ!


このページの上に戻る


ホームページへ

作者:イデア=ideapharma@infoseek.jp